新宅和音 1986年生まれ、大分県別府市在住。多摩美術大学大学院グラフィックデザイン科イラストレーションスタディーズ卒。 「少女神展」(2014年 Pater’s Gallery)、「春から夏へ」(2017年 みうらじろうギャラリー)など、個展、グループ展多数。

新宅和音の作品は、少女たちの思春期について描いています。そのスタイルはルネサンス期の画家たちの影響を受け、宗教的な印象を与えますが、彼女は作品の中で思春期の心の痛みを「受難」と捉え、表しています。描くことによって「受難」の時を乗り越え、生を謳歌できることを信じています。

「わたしは若い女の子を描いています。それはわたしがほかの何より彼らの新しさとその生命力を賛美し尊敬しているからです。命の春であり、同時に痛みを伴う受難の季節である思春期を描いていきたいと思います。」

Kazune Shintaku was born in 1986 and lives in Oita, Kyushu the southern island of Japan. She started to paint and draw when she was a toddler. After completed Tama Art University in Tokyo, she took and graduated a postgraduate course in illustration in the same school in 2012. She has had a number of exhibitions both in Tokyo and Oita at Gekkoso in Ginza, Pater's Gallery in Harajuku, Gallery ARK in Yokohama, etc. She had a latest solo exhibition ‘From Spring to Summer’ at Jiro Miura Gallery in Tokyo August 2017.

Kazune Shintaku’s paintings are about girls' adolescence. Influenced a lot by the artists of the Renaissance period, the works of Kazune Shintaku can give the impression of being religious, but it the “passion” of the paining adolescent heart which she captures. She paints to overcome this tumultuous ordeal of “passion” and celebrate the life.

'I paint young girls, that is because I respect and praise their youth and the unlimited life force more than anything else. I believe puberty is the spring time of life and yet the season of passion. I strongly wish to paint that season.'

2018年の展示

7/6-8 ART OSAKA 2018/ホテルグランヴィア大阪(みうらじろうギャラリー)
5/24-2 アグライア展/Gallery ARK
5/17-24 「乱歩先生とわたし」/東武百貨店6F 美術画廊
3/8-11 Art in Park Hotel Tokyo 2018/パークホテル東京(みうらじろうギャラリー)
3/1-10 魅惑の人物画展/Gallery ARK

グループ展

2012年 多摩美術大学大学院イラストレーションスタディーズ修了制作展/GALLERY5610

2013年 LUNIK/デザインフェスタ

2014年 少女神展/PATER'S GALLERY

2015年 正方形展/アートスペース羅針盤

2016年 レイライン-幻想イラストレーション展/ギャラリーまぁる

2016年 正方形展/

2017年
新宅和音・雪下まゆ二人展/みうらじろうギャラリー 
ART in PARK HOTEL TOKYO 2017/パークホテル東京 
ART NAGOYA 2017/ウェスティン名古屋キャッスル 
FACES and HEADS 2017/みうらじろうギャラリー 
夢見るタロット展/ギャラリーまぁる 
ART OSAKA/ホテルグランディア大阪 
アルマ展/Gallery ARK 
別府大分芸術祭/別府市公会堂

個展

2013年 こどものやまい/月光荘

2016年 春に生まれた/ここちカフェむすびの

2016年 新宅和音個展/書肆ゲンシシャ

2017年 「春から夏へ」新宅和音展/みうらじろうギャラリー 

受賞

第10回TIS公募入選、「わたしの一枚」北見隆氏選

第11回TIS公募入選

大分市美術館賞

Group Exhibitions

2012 Tama Art University postgraduate course graduation exhibition of Illustration Studies / GALLERY5610

2013 LUNIK / Design Festa

2014 The Girl God / PATER'S GALLERY

2015 The Square Exhibition / Art Space Rashinban

2016 Rayline-The Exhibition of Fantasy illustrations / Gallerie Malle

2016 The Square Exhibition /

2017
Kazune Shintaku&Mayu YukiShita Joint Exhibition / Jiro Miura Gallery
ART in PARK HOTEL TOKYO 2017 / Park Hotel Tokyo 
ART NAGOYA 2017 / Westin Nagoya Castle
FACES and HEADS 2017 / Jiro Miura Gallery
The Dreaming Tarot / Gallerie Malle
ART OSAKA / Hotel Granvia Osaka
Alma / Gallery ARK 
Beppu Oita Art Festival / Beppu Civic Auditorium

Solo Exhibitions

2013 The symptom of children / Gekkoso

2016 Born in Spring / Cafe Musubino

2016 Kazune Shintaku Solo Exhibition / Genshisha

2017 From Summer to Spring / Jiro Miura Gallery

Awords

The 10th KOUBO Tokyo Illustrators Society 'My Piece' Selected by Takashi Kitami

The 11th KOUBO Tokyo Illustrators Society

Oita city Art Museum Aword

PAGE TOP